日本旧石器学会
日本列島の旧石器時代遺跡

遺跡名site name都道府県時代年代
■ 岩宿遺跡Iwajuku site群馬県 後期旧石器時代 前半〜後半35,000〜25,000年前
■ 矢出川遺跡Yadegawa site長野県後期旧石器時代 後半期29,000〜17,000年前
■ 翠鳥園遺跡Suichoen site大阪府後期旧石器時代 後半28,000年前
■ 白滝遺跡群Shirataki sites北海道後期旧石器時代 前半〜後半27,000〜10,000年前
■ 米ヶ森遺跡Yonegamori site秋田県後期旧石器時代 前半〜後半35,000〜15,000年前
■ 荒屋遺跡Araya site新潟県後期旧石器時代 終末17,250年前
■ 山田遺跡Yamada site宮崎県後期旧石器時代 前半〜後半30,000〜12,000年前
■ 日向林B遺跡Hinatabayashi site長野県後期旧石器時代 前半約30,000年前
■ 清河寺前原遺跡Seiganji-Maehara site埼玉県後期旧石器時代 前半〜後半35,000〜20,000年前
■ 武蔵台遺跡Musashidai site東京都後期旧石器時代 前半〜後半35,000〜20,000年前
■ 後野遺跡Ushirono site茨城県後期旧石器時代
■ 富沢遺跡Tomizawa site宮城県後期旧石器時代 後半20,000年前
■ 原田遺跡Harada site島根県後期旧石器時代 前半〜後半35,000〜20,000年前
■ 恩原遺跡1・2遺跡Onbara 1 and 2 sites岡山県後期旧石器時代 前半〜後半33,000〜16,000年前
■ 冠遺跡Kanmuri site広島県後期旧石器時代 前半〜後半35,000〜15,000年前
■ 豊成叶林遺跡Toyoshige-kanoh-bayashi site 鳥取県後期旧石器時代30,000年前
■ 鈴木遺跡Suzuki site東京都後期旧石器時代 前半〜後半35,000年前〜15,000年前


日本列島の旧石器時代遺跡

日本列島においては、北海道から沖縄まで旧石器時代遺跡が確認されている。 日本旧石器学会が2010年に集計した遺跡データベースによると、日本列島においては旧石器時代と縄文時代草創期の遺跡/文化層の総計は16771となった。このなかで旧石器時代と縄文時代草創期に該当する遺跡/文化層を数えると、それぞれ14542と2526となる。 重複文化層を1遺跡として遺跡単位で数えると、旧石器時代遺跡が10150遺跡、縄文時代草創期遺跡が2432遺跡となる。 旧石器時代の遺跡/文化層のうち、ナイフ形石器文化に属するものは9681、細石刃文化に属するものは1834である。 本コンテンツでは、日本列島の旧石器時代遺跡10150のうち、代表的な遺跡を逐次に紹介する。

※ 遺跡と文化層
文化層とは地層に含まれている石器群をさす。ひとつの遺跡で時期の異なる地層からいくつかの石器群がみつかる場合がある。例えば神奈川県の柏ケ谷長ヲサ遺跡では、13枚の時期の異なる文化層が確認された。その場合上記集計では、遺跡では1か所のカウント、遺跡/文化層では13のカウントがなされる。

『日本列島の旧石器時代遺跡―日本旧石器(先土器・岩宿)時代遺跡データベース―』 2010年 日本旧石器学会刊行 (詳しくはこちら


HOME