日本旧石器学会
九州旧石器文化研究会からのお知らせです

第44回 九州旧石器文化研究会(沖縄大会)
「日本列島の人類起源をめぐる南方ルート −沖縄の旧石器人と文化を考える−」

 関係各位
 盛夏の候、ますますご清栄のことと、お慶び申し上げます。
 さて、このたび、第44回 九州旧石器文化研究会(沖縄大会)「日本列島の人類起源をめぐる南方ルート−沖縄の旧石器人と文化を考える−」を、別添の日程により、沖縄県那覇市ほかにおいて、開催することとなりました。
 本研究会では、近年の研究状況を踏まえ、九州、沖縄をはじめ各地の研究者の皆様にご参集いただき、改めて日本列島の人類起源をめぐる南方ルートの意義について考える機会にしたいと考えております。時節柄、ご多忙のこととは存じますが、お誘い合わせの上、ご参加いただきますよう、お願い申し上げます。

※1日目は沖縄県立博物館・美術館にて研究発表、 2日目は遺跡現地見学(各地)および沖縄県立埋蔵文化財センター(中頭郡西原町193-7)での資料見学となります。

日程
12月8日(土)(1日目)
受付13:00〜14:00
開会行事14:00〜14:10
研究発表114:10〜14:50「沖縄県南城市サキタリ洞遺跡の発掘調査」山崎真治(沖縄県立博物館・美術)
研究発表214:50〜15:30「沖縄県石垣市石垣市白保竿根田原洞穴遺跡の発掘調査」片桐千亜紀(沖縄県立埋蔵文化財センター)
−休憩−
研究発表315:40〜16:20「沖縄の旧石器人骨と南方ルート」土肥直美(日本人類学会員)
研究発表416:20〜16:50「薩南諸島の旧石器文化」川口雅之((公財)鹿児島県文化振興財団埋蔵調査センター)
研究発表516:50〜17:20「台湾における旧石器文化」藤木聡(宮崎県教育委員会)
−休憩−
資料展示
と解説
17:30〜18:00(サキタリ洞遺跡出土品等を予定)
事務連絡18:00〜18:10
閉場18:10
情報交換会19:30〜(那覇市おもろまち,沖縄県立博物館・美術館の近辺を予定)
12月9日(日)(2日目)
集合9:00(沖縄県立博物館・美術館・美術館 大型バス駐車場)
現地見学9:00〜12:00(※ツアー参加者のみとなります)
サキタリ洞遺跡(南城市)、港川遺跡(八重瀬町)、八重瀬町立具志頭歴史民俗資料館を予定。
−昼食・移動−
資料見学
・意見交換
14:00〜16:00(沖縄県立埋蔵文化財センター)白保竿根田原洞穴遺跡(石垣市)出土品等を予定。
解散16:00
※オプションとして、12月8日(土)午前に白保竿根田原洞穴遺跡(石垣市)の現地見学を予定しています。参加者は株式会社ハル・トラベルのツアーにご参加ください。

研究会への参加・申し込み等


HOME